総合医学研究所 プロジェクト研究センター天然変性蛋白質創薬科学研究部Division of Systems Bioscience for Drug Discovery Based on Intrinsically Disordered Proteins

JapaneseEnglish

天然変性

 天然変性蛋白質は、単独で存在しているときには一定の構造をとらずに細胞質で揺らいでいる。しかし、ひとたび標的分子を認識して結合すると、特定の立体構造をとり機能を発揮する。我々は、細胞分裂周期の中で、異なる時相で数種類の作用を有している複合体の存在を明らかにし、その構成分子の一つが天然変性蛋白質であり、その発現を抑制するとapoptosisが誘導され、抗がん作用を発揮することを報告してきた。
 天然変性蛋白質の特異な蛋白質相互作用を抑制する化合物は、これまで開発が困難とされ未だ医薬品化には至っていないが、天然変性蛋白質創薬科学研究部では、上記天然変性蛋白質を標的とした創薬アプローチとして、helix-loop- helix peptide設計法、および蛋白質立体構造情報に基づく薬剤設計法(Structure Based Drug Design)などを駆使して抗がん薬創薬を目指している。
 その他、腸内細菌叢、加齢に伴う動脈硬化、鉄代謝などを対象とした創薬研究も手掛けている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(3451) / FAX: 076-286-2786 / Email: tomosugi@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

嘱託教授

  • 友杉 直久 友杉先生

(併)教授

  • 石垣 靖人

(併)准教授

  • 島崎 猛夫

主な研究業績

部門別研究業績

  • Tomosugi N, Yamamoto S, Takeuchi M, Yonekura H, Ishigaki Y, Numata N, Katsuda S, Sakai Y. Effect of Collagen Tripeptide on Atherosclerosis in Healthy Humans. J Atheroscler Thromb. 2016 Oct 6. [Epub ahead of print]
  • Ishigaki Y, Nakamura Y, Tatsuno T, Ma S, Tomosugi N. Phosphorylation status of human RNA-binding protein 8A in cells and its inhibitory regulation by Magoh. Exp Biol Med (Maywood). 2015 Apr;240(4): 438-45.
  • Ishigaki Y, Nakamura Y, Tatsuno T, Hashimoto M, Shimasaki T, Iwabuchi K, Tomosugi N. Depletion of RNA-binding protein RBM8A (Y14) causes cell cycle deficiency and apoptosis in human cells. Exp Biol Med (Maywood). 2013 Aug 1; 238(8): 889-97.
  • Ishigaki Y, Nakamura Y, Tatsuno T, Hashimoto M, Iwabuchi K, Tomosugi N. RNA-binding protein RBM8A (Y14) and MAGOH localize to centrosome in human A549 cells. Histochem Cell Biol. 2014 Jan; 141(1): 101-9.
  • Tomosugi N, Kawabata H, Wakatabe R, Higuchi M, Yamaya H, Umehara H, Ishikawa I. Detection of serum hepcidin in renal failure and inflammation by using ProteinChip System. Blood. 2006 Aug 15; 108(4): 1381-7.

主な外部研究資金